ヤシロの墓石

2つのオーダー方法からお選びください

豊富な経験と実績をもつ霊園墓石のヤシロだからこそ実現できる2種類のオーダー方法をご用意しております。
墓石への伝統的な考え方を大切にしながら、これからの時代の流れにも対応できるデザインや機能を随所に取り入れております。お一人おひとりのさまざまな想いを形にすることができるよう、幅広く対応しております。

墓石の2つのオーダー方法

厳選した16のブランド石種

霊園墓石のヤシロのブランド石種とは、取扱い可能な約250種類もの石種のなかから、吸水率・見掛比重・圧縮強度という科学的品質基準、使用実績・安定供給力・産地という供給的品質基準、色合い・目合いという美的品質基準によって、16種類まで厳選を重ねた石種です。

庵治石細目(日本)
墓石サンプル 庵治石細目(日本)
御影石のダイヤモンドと称され、国内産御影石の中でも最高品質を誇ります。徴細な淡青色の石目に桜の舞い散る様な班が美しい銘石です。 吸水率(%):0.150
大島石(日本)
墓石サンプル 大島石(日本)
御影石の王様と称され、石英・雲母・水晶の結晶バランスが良く四季の寒暖差が大きな日本に適した石と言えます。艶持ちが良く変色しにくさが特徴です。
吸水率(%):0.111
ブルーシルク(南アフリカ)
墓石サンプル ブルーシルク(南アフリカ)
ブルーというより紺色という印象の重厚感溢れる石材です。長尺物でも安定感があり、大型墓石におすすめの石種です。
吸水率(%):0.120
ロイヤルグレー(フィンランド)
墓石サンプル ロイアルグレー(フィンランド)
気品溢れる緑の色調と落ち着いた極細の石目に人気が集中しています。石質は非常に硬く、風化に強い石種です。
吸水率(%):0.127
トロピカルグリーン(インド)
墓石サンプル トロピカルグリーン(インド)
欧米での洋風墓石向け石材として人気があり、トロピカルグリーンの色合いがとても印象的です。
吸水率(%):0.120
ニューインペリアルレッド(インド)
墓石サンプル ニューインペリアルレッド(インド)
世界中で最も赤い石と言われています。吸水率が低く、耐久性に優れています。
吸水率(%):0.080
マルチカラーレッド(インド)
墓石サンプル マルチカラーレッド(インド)
やや朱色がかった赤を基調に、黒を中心とした様々な色の筋が混じりあう表情豊かな石種です。
吸水率(%):0.150
マルチカラーブルー(インド)
墓石サンプル マルチカラーブルー(インド)
深みのある青に、夜明け前の空のような紋様が美しい表情豊かな石種です。圧縮強度も高く、艶乗りも良好です。
吸水率(%):0.050
Eブラック(中国)
墓石サンプル Eブラック(中国)
緻密な石目を持ち艶乗りがよく、色落ちし難いため、黒御影の皇帝と賞賛されています。彫刻の仕上りは全御影石の中で最も美しくなります。
吸水率(%):0.017
吸水率No.1
黒龍石(中国)
墓石サンプル 黒龍石(中国)
青味が美しく堅固な材質で、歴史や供給実績において色落ちや変色は皆無に等しく、安定度抜群です。同等石種の中で最も高い評価を得ています。
吸水率(%):0.090
エメラルド(インド)
墓石サンプル エメラルド(インド)
結晶がエメラルド色に輝いているのが特徴の石種です。艶乗りが良く、独特の色合いが人気です。
吸水率(%):0.030
見掛比重&圧縮強度 No.1
アーバングレー(インド)
墓石サンプル アーバングレー(インド)
若干緑がかったグレーの色調に、透明感のある中目が特徴的です。堅牢性が高く硬質な御影石です。インド産石材として安定度No.1です。
吸水率(%):0.056
王寿石(中国)
墓石サンプル 王寿石(中国)
深緑をベースに散りばめられた水晶が水墨画の様な落ち着いた高級感を連想させる石です。陽の当たり方によって全く異なる印象を与えます。
吸水率(%):0.086
青龍石(中国)
墓石サンプル 青龍石(中国)
御影石の王様と言われる大島石に似た、墓石材としてポピュラーな石材です。大島石と比べ、価格が1/2以下で建立可能です。
吸水率(%):0.197
ローザピンク(中国)
墓石サンプル ローザピンク(中国)
ピンク系の御影石の代表格。
柔らかな薄桃色は優しい印象で特に女性に人気の石種です。
吸水率(%):0.195
ホワイトパール(中国)
墓石サンプル ホワイトパール(中国)
外柵や石棺の材料に幅広い用途で対応できる石です。ダイナミックな大粒の石目が特徴ですが、反面イラスト等の細かい彫刻には不向きと言えます。
吸水率(%):0.186

墓石用語の説明をいたします。
吸水率とは
試験前後での重量の差
試験対象を
(1) 24時間乾燥させた状態で重さを量る。
(2) その後48時間水に浸した状態(水を吸い込ませた状態)で重さを量る。
(3) 吸水率(%)=((2)吸水させた時の重量 − (1)乾燥時の重量) / (1)乾燥時の重量*100という公式で求められます。
最も水を吸いにくいEブラックは10kgの試験片で1.7gしか差が無い=殆ど水を吸わないといえます。
(“細孔率=内在するミクロの隙間”も関係するので、見掛比重とは比例しません)
見掛比重とは
1m³あたりの正味重量
水1m³の重さは1トンです。
JIS規格上は水温4℃のときの純粋という定義です。見掛比重とは1m³アタリの純粋な重量を数値化した値です。
重いものほど
隙間が少なく目が詰まっている=水を吸い込む隙間が少ない
といえます
圧縮強度とは
圧力への耐性
"硬い石""柔らかい石"などという表現を使いますが、硬いか柔らかいかだけでは耐久 性の目安とはいえません。実際には硬度と粘り気が関係してきます。
この圧縮強度とは『どの程度の力を加えると試験片に組織破壊が起こるのか?』を表現したものです。
桁違いの圧縮硬度を誇るエメラルドは、1平方センチあたりだと3トン強の圧力まで耐えられるという試験結果です。